妊娠中の肌状態を整えれば、ニキビ肌は改善します! 妊娠中は、肌がデリケートになっています。肌のバリ...

妊婦中のニキビに最適な化粧水・化粧品を選ぶポイント

妊娠中の肌状態を整えれば、ニキビ肌は改善します!
妊娠中は、肌がデリケートになっています。肌のバリア機能が低下し、ニキビなどの肌トラブルが増える時期ともいえます。このような肌状態を脱するには、まず第一に、肌のバリア機能を高めるスキンケアを始めましょう。保湿力を高めるようなケアが前提ですが、オイリーなものや、しっとりとした使用感のみでスキンケアを選ぶのはおすすめできません。バリア機能を高める保湿成分で選びます。

肌状態にあった、低刺激な成分でできているスキンケアを選び、肌にやさしいだけでなく、臨床皮膚医学に基づいているなど、安全性に優れたものを選びましょう。妊娠中や産後は、紫外線の刺激に、肌は敏感に反応しがちです。妊娠中の散歩や軽い運動、短い外出でも、日焼け止めをぬることをおすすめします。日焼け止めも、低刺激で肌にあうものを選びましょう。

ニキビは肌が炎症を起こしている状態なので、炎症を抑えるケアが必須です。特に妊娠中はホルモンバランスが乱れて肌が炎症を起こしやすいので、炎症を抑える有効成分が配合されているものを選びましょう。